1976年 3月 有限会社 ジャパンオプティカル アンド エンジニアリングサービスを静岡県焼津市に設立。
1977年 2月 インペラー交換不要の新製品ジェットポンプを開発。大ヒットとなる。
1978年10月 鰹漁船向けの船上加工製品システムを開発。
1979年 3月 有限会社 高梨産業 と社名を変更。国内鰹・鮪船、全国各漁業協同組合
に対し自社製品及び水産資機材の販売を展開。
1979年11月 巻き網船SKIFFボート転覆防止用、ジャイアントフロートを完成。
1980年 6月 鰹漁船用の鮮度保持装置、フレッシュシステムを開発。
1983年 3月 JICA(国際協力事業団)水産無償資機材案件参画す。
1985年 6月 生き餌用鰯(イワシ)搬送システム、フィッシュポーターを開発。
1986年 7月 業務拡張のため東京駐在連絡事務所を開発。
1986年10月 発展途上国向け手動ラインホーラーTSK-100を開発。
1989年 6月 株式会社 高梨産業 と組織変更する。
1989年12月 資本金を25,000千円に増資する。
1993年 9月 国際化と事業拡張のため東京に新事務所を開設し東京本社とし、静岡本社と
2本社体制をとり、ODA(政府開発援助)に本格的に参画する。
1994年 9月 JICA(国際協力事業団)水産無償施設案件に参画す。
1995年10月 JICA(国際協力事業団)技術協力事業用機材供与案件に参画す。
1996年 3月 事業拡張につき東京本社を千代田区内神田2-2-5に移転す。
1998年 3月 日本初!オールアルミ製鰹一本釣り漁船(第83佐賀明神丸)
の立案・設計及び建造をプロデュース。

1999年 1月 第二船目オールアルミ製鰹一本釣り漁船(第123佐賀明神丸)
一船目に続きアルミ船二隻目を建造。最新装備と近海最大級の210t船となる
1999年 8月 インフラプロジェクトの為 轄w恷Y業 パラオ事務所 開設
2000年 1月 最大級の総アルミ鰹船 第123佐賀明神丸 初航海
2000年 2月 パラオ共和国 インフラ整備P/J ペリリュー州 発電インフラ設備P/Jの竣工
2000年 5月 パラオ共和国 インフラ整備P/J ソンソロール州 太陽光発電インフラ設備P/Jの竣工
2001年 5月 パラオ共和国 インフラ整備P/J カヤンゲル州 発電インフラ設備P/Jの竣工
2001年 10月 パラオ共和国 インフラ整備P/J アンガウル州 発電インフラ設備P/Jの竣工
2002年 6月 軽合金製船舶の設計・モデル試験開始
2004年 8月 サバヒー(MILK FISH)養殖事業を開始。インドネシアから種苗を輸入し生産・研究開始。業務多角化を目指し、飲食店を静岡の繁華街に開店
2005年 4月 サバヒー養殖事業拡大のため鹿児島営業所開設。同時に養殖池を増設